実践力、応用力が身に付く!ソフィア整体アカデミーのここがスゴイ

HOME » 整体師になるには » スクールの選び方

スクールの選び方

ここでは、整体師になるための後悔しないスクール選びのポイントを解説しています。

整体サロンと治療院どちらを目指すか

整体師になるには、将来どのようなケアを行いたいか――つまり、サロンなのか、治療院なのかによって、スクール選びや取得するべき資格が変わってきます。

整体治療院の場合

スクールの選び方打撲や捻挫などの治療も手掛ける整体治療院での勤務や開業を目指す方は、マッサージ師やハリ師(針灸師)、柔道整復師といった国家資格が必要になります。

そのためには、高校卒業後に国が認めている専門学校に 3年間通って国家試験に合格しなければいけません。学費はおよそ500万円ほどかかるといわれています。

整体サロンや整体院の場合

一方、整体サロンやリラクゼーション系サロン、整体院などで、整体師やカイロプラクター、リンパマッサージ師、リフレクソロジストとして活躍するためには国家資格は不要です。専門のスクールを卒業すると、様々な団体が認定する資格や認定証が取得できますが、これらの民間資格がなくても勤務・開業できます。

しかし、人間の身体を扱う仕事なので独学は大変危険です。医学的な専門知識や、特殊な手技、実践力を身に付けるためには、やはり専門のスクールに通うことをおすすめします。

ほとんどの整体師がスクール卒業者

特に開業して独立したい方には、応用が利く幅広い技術の習得や理論が不可欠。実際にほとんどの整体師やリンパマッサージ師などの方はスクール卒業者ばかりです。国家資格を取得する専門学校と異なり、学費も数十万円と安く、アルバイトと並行して通えるカリキュラムを組んでいるところもあり、気軽に通うことができます。

また、きちんとしたスクールでは、卒業後の就職・開業のサポートが充実しているというメリットもあります。

スクール選びのポイント

整体師(民間資格)やリンパマッサージ師、リフレクソロジストなどを目指したい方に、スクール選びのポイントを紹介します。

基礎知識、理論、医学などから学べる
技術や理論など、基礎力が身についていないと、就職してもリピーターがつかず壁にぶつかってしまいます。カリキュラムをチェックして、整体などの基本的な技術や基礎医学、理論などについてもきちんと学べるか確認しましょう。

幅広い技術を身に付けられる
整体師であれば、推拿(すいな)・中国整体・母指押圧・もみほぐし・バランス整体・骨盤矯正・骨格矯正・内臓整体・肩甲骨整体・骨盤整体など、幅広いスキルを学べるスクールをおすすめします。整体院や整体サロンによって求められる技術が異なるため、応用力を身に付けておくことは必須です。

ある程度経験を積ませてくれるか
現場では実践力がものを言います。座学ばかりでなく、現場で活躍しているプロの整体師やリフレクソロジストから、実践的な技術を学べるところをおすすめします。インターン制度があるスクールもおすすめですね。

少人数制である
確実にスキルを身に付けるためには、マンツーマンに近い状態で技術の指導を受けられる環境が理想的です。

自分の時間に合わせて受講できる
特にアルバイトなどをしながら通いたい方は、受講時間を選べる“フリータイム制”のところを選びましょう。

広告費にお金をつかっていないか
良心的なスクールは、儲けることを目的にしていません。そしてそのような学校には派手な宣伝をしなくても自然と生徒が集まってきます。

就職率の実績、卒業後のサポートは万全か
就職率が100%に近いなど実績があること、そして卒業後や開業までのサポートがしっかりしているスクールを選びましょう。

 
プロを目指すなら、ソフィア整体アカデミーで学ぼう!